診療科目・専門外来のご紹介

脊椎整形外科

脊椎整形外科とは?

整形外科とは、人間の体の中で、体を支え、動かす部分(手、足、背骨など)、つまり運動器の疾患を扱う診療科です。

全身の骨や関節、靭帯、筋肉など広い範囲が対象になります。一般的に良く知られているのは、骨折や関節痛などに対する診断、治療ですが、その中でも腰痛、肩こり、手足のしびれなどを扱うのが脊椎整形外科です。 脊椎(背骨)は、体を支える支柱であると同時に、脳からの指令を伝える大事な脊髄神経を保護しています。
背骨が骨折する(圧迫骨折など)痛みで体が支えられなくなります。
また、首の部分(頸椎)で脊髄が圧迫されると、手がしびれて力が入りにくくなったり、足元がふらついて歩けなくなります。
腰の部分(腰椎)が変形して神経が圧迫されると、坐骨神経痛や歩行時に足のしびれを生じます。

診断には

詳細な問診と理学所見(診察)は勿論、レントゲン写真やMRI検査が有用です。
CT検査は当院にて、MRI検査は系列の福岡青洲会病院にて検査が可能です。

治療は

内服、外用、リハビリ、ブロック注射などの保存的治療が基本ですが、症状が強い時や、保存的治療で効果が余り期待できない時は手術を行います。 手術は、大きく分けて2つあります。一つは、骨を削って神経の圧迫を除去する除圧術で、比較的小さい手術です。

最近は、内視鏡を用いた低侵襲の手術も行っています。もう一つは、神経の圧迫を除去した上で、更に金属を用いてしっかり固定する脊椎固定術です。 これは、手術の大きさとしてはやや大きくなりますが、神経の圧迫が高度な時や、背骨のずれが大きい時は必要な手術であり、主に脊椎の専門医が行っています。

予後は

勿論病状にもよりますが、正しく診断され、きちんと治療(保存的治療、手術治療共に)されれば、かなり症状の改善が見込まれます。昔のように、手術をすれば歩けなくなって、車椅子生活になる、というようなことはほとんどありません。 むしろ、手術を含めた治療をしないと、徐々に症状が進行して歩けなくなることもあります。

以上のように、脊椎整形外科は、整形外科の中でも特に背骨(脊椎)由来の機能障害(手のしびれ、脱力、歩行障害など)を治療する診療科です。 治らない、年のせい、などと諦めずに一度受診されることをお勧めします。

診療科目

×