各診療科目・専門外来のご紹介

リハビリテーション科

はじめに

外来リハビリでは、通院可能な患者様を対象としてリハビリテーションを行っています。
頚椎、腰椎、膝などの骨関節疾患や脳梗塞後遺症など様々な疾患により、日常生活に支障を感じている患者様に対して、症状の改善・日常生活の支障解消を目指してリハビリテーションを行っています。

物理療法

物理療法は、ホットパックやマイクロウェーブといった医療機器を使用して関節や筋肉を温めたり、筋肉を電気で収縮させるなどして症状の改善を図ります。

運動療法

運動療法では、患者様の関節や筋に対してアプローチし、疼痛の軽減や関節可動域の拡大を図ります。また、筋力低下、全身持続低下が原因で症状が出ている場合に筋力増強訓練、有酸素運動などにより症状改善を図っています。

両脚、お腹、背中を重点的に鍛える器械(パワーリハビリテーション機器)の設備もあり、充実したトレーニングが可能です。

リハビリの適用

・肩、腰などに痛みがある方
・脳梗塞で身体に支障を感じている方
・呼吸器疾患で息切れが強い方
・退院後体力の低下を感じておられる方

医師からリハビリの必要があると判断・指示を受けてリハビリを実施できるようになります。上記のような症状があってもリハビリの対象とならない場合もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

リハビリテーション施設基準

運動器リハビリテーション料(I)
脳血管リハビリテーション料(II)
呼吸器リハビリテーション料(I)
廃用リハビリテーション料(II)

診療科目

×